Umekiki

Events

シェフの教室 JOE'SSHANGHAIの点心をmekiki

3月4日(火)15:00〜16:30

このイベントは終了いたしました。ご来場頂きありがとうございました。

シェフの教室 JOE'SSHANGHAIの点心をmekiki

Mekiki Point

世界の各誌が絶賛するJOE'S SHANGHAI, New York料理長が教える中華の技をmekiki!

Event Report

●Umekikiシェフの教室 -点心をmekiki- レポート
今回で二回目の開催となるUmekikiシェフの教室。会場となったのはグランフロント大阪 南館8階にある、JOE'S SHANGHAI, New York。「ニューヨークタイムズ」や「ザガット」など世界の各誌から高い評価を受け、ニューヨークで最高級の中華料理店と評されている同店。そんなJOE'S SHANGHAI, New Yorkの料理長による、キッチンに参加者たちを招き入れての料理教室が開催された。普段、シェフたちしか立ち入ることのできないキッチンには、大きな中華鍋や、およそ2000kWの火力を持つコンロなど圧巻の器具に囲まれ興味津々の参加者の顔がみられた。気さくな人柄の澤田シェフからは、今回使用された「宮崎県産おいも豚」の特徴や、家庭で調理する場合のコツなど様々なmekiki pointが披露され、終始にぎやかな雰囲気でのイベントとなった。


料理教室の様子
▲大きな中華鍋を振る澤田シェフ


参加者たちの様子
▲調理場に招かれた参加者たち

<当日のtime schedule>
・15:00~ 受付・シェフからのご挨拶
・15:15~ キッチンでの調理スタート!
・16:15~ 実食(チャーシュー饅、JOE'S特製 蟹肉と蟹味噌入り小龍包&豚肉小龍包、干し貝柱入りコラーゲン粥、杏仁豆腐、シェフ厳選中国茶)
・16:45       終了(JOE'S SHANGHAI特製ギフトPRESENT/チャーシュー饅手作りセット、食べるラー油、特製調味料など)


●食材を学び、食材に合った調理を
本場香港や国内有名ホテルでのシェフを勤め同店の料理長に就任した澤田シェフ。おいしい食材を使い、おいしいものを提供することを大切にしている。料理長自ら食材の生産地に足を運び食材について勉強することもあるのだそう。今回の料理教室で使用された宮崎県産おいも豚についても、詳しく語ってくれた澤田シェフ。豚においもを食べさせることで、整腸作用がはたらき健康な状態が保たれるのだとか。さらに、脂に糖分が加わり柔らかな食感と甘みを持った肉となると教えてくれた。


澤田シェフ
▲食材のmekiki pointを語る、澤田シェフ


 


●宮崎県産おいも豚を使った「チャーシュー饅」の調理スタート!


チャーシュー饅
▲香港ではポピュラーなチャーシュー饅

●おいしさの秘密はこだわりの「餡」と「生地」
「餡が良いと、必ずおいしくなります。」と語る澤田シェフ。参加者の目の前で大きな鍋を振りながら丁寧に餡を仕上げていく。ラードに香りを移すためじっくりと弱火でたまねぎを炒めることがポイント。しっかり香りが出たらたまねぎを取り出す。続けて、餡の材料を加え仕上げていく。そしてもうひとつ、おいしいチャーシュー饅に欠かせない大事なポイントは生地。生地の材料に水だけではなく牛乳を加えることで生地のコクが増し、しっとりと味わい深い生地になるのだそう。生地の材料を合わせ、しっかりと力を込めて7~8分ほど練っていく。グルテンの膜が形成され、表面に艶が出て来るまでしっかり練ることが、おいしい生地に仕上げるコツとなる。


二人一組になった参加者を教えるシェフ
▲二人一組になった参加者達をしっかりとサポートする同店のシェフたち


●いよいよ実食!もてなしの心がこもった贅沢な食事会
蒸し上がったチャーシュー饅の出来に感動の声があがった。ふわりと膨らみ、ひとまわり大きくなったチャーシュー饅のほか、店自慢の小龍包、コラーゲン粥やパンナコッタ風杏仁豆腐など、数々の高級料理でもてなされ、「お腹いっぱいです。こんなにたくさんの料理を頂けると思っていませんでした。」と大満足の笑顔をみせる参加者。さらにお土産として「特製食べるラー油」など様々なギフトが配られた。和やかで親しみ易い雰囲気のなかにも、世界で活躍する名店のもてなしの心を感じ、作り手の想いに触れる貴重な機会となった。


でき上がったチャーシュー饅
​▲出来上がったチャーシュー饅に、思わず笑顔をみせる参加者


食事会の様子
▲次々と運ばれる、JOE'S特製の品々

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


JOE’S SHANGHAI ,New york特製チャーシュー饅頭の作り方


<生地の材料>
薄力粉 400g
ベーキングパウダー 大さじ2杯
砂糖 100g
ラード 小さじ2杯
牛乳 140g
水 40g

①薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく
②①に残りの材料を合わせて入れる(液体はゆっくり加える)
③よく練り合わせ、ラップをかけて10分ほど休ませて生地が完成


<チャーシュー餡の材料>
A ラード 50g
    たまねぎ 適量

B  薄力粉 50g
 たまり醤油 50g
    醤油 50g
    砂糖 150g
    オイスターソース 30g
    
胡椒 少々


C 水 500g
D 片栗粉 17.5g
 コーンスターチ 17.5g
 水 100g
E チャーシュー 300g

①鍋にAを入れて炒め、香りが出たら玉ねぎを取り出す
②Bをボールに合わせ①の中にいれ、続けてCの水も加える
③②が沸きそうになったらDでとろみをつけ冷ましておく
④スライスしたチャーシューと③の餡をボールで合わせる
⑤生地を20棟分して丸めたものの真ん中に餡を載せ、右手でひだを取りながら包む
⑥約10分ほど蒸して完成


 

※こちらのイベントは終了いたしました。
 イベントの様子は上記 Event Report を御覧ください。

〈満席のご案内〉
※こちらのイベントは定員に達しました。
※今後、下記からご応募頂きました場合は
 キャンセルがあった場合のみこちらからご案内させて頂きます。



●What is 「Umekikiシェフの教室ー点心をmekikiー」?
上質な脂が特徴の宮崎県産おいも豚を使ったちょっと贅沢なチャーシュー饅を作って、みんなでいただく料理教室。
本場香港や国内有名ホテルでの経験を持つシェフが教えるレシピ、高級中華の技を学ぶことができる。プロの一流の技を目の前で体感しよう!

●調理後はJOE'S SHANGHAI, New York特製のお食事も!
世界中のセレブを虜にした最高級の小龍包など、JOE'S SHANGHAI, New York特製の品々を味わうことができる!
料理教室で作ったチャーシュー饅のほか、JOE'S特製 蟹肉と蟹味噌入り小龍包&豚肉小龍包、干し貝柱入りコラーゲン粥、杏仁豆腐、シェフ厳選
​中国茶、特製ギフトのプレゼント付き。充実した内容の料理教室で、高級中華を堪能してみては。
チャーシュー饅
▲宮崎県産おいも豚をつかった贅沢なチャーシュー饅


JOE'S SHANGHAI, New Yorkとは?
グランフロント大阪 南館 8階
世界の各誌が絶賛し、セレブを虜にした最高級の蟹肉小龍包やフカヒレ料理が評判のモダンチャイニーズレストラン。店内はNYスタイルのラグジュアリーな空間を演出。上品でヘルシーな中国料理を愉しめる。 

料理長 澤田 州平氏
本場香港の福楼門、グランドハイアット東京などを経て、同店の料理長に就任。旬の食材を活かすシンプルな高級中華を追究している。
店内
▲スワロフスキーのシャンデリアが煌めくラグジュアリーな店内

Date 3月4日(火)15:00〜16:30
Price 3,000円(蟹肉と蟹味噌入り小龍包&豚肉小龍包、コラーゲン粥、杏仁豆腐、他)
Place グランフロント大阪 南館8階 JOE'S SHANGHAI, New York

このイベントをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。