Umekiki

Mekiki Library 日常で使える食材の選び方・作り方・食べ方の知恵

Oyster Blue×"グリル板"

[it:イタリアン]Oyster Blue×"グリル板"

Mekiki Point

Oyster Blueこだわりの調理道具"グリル板"をmekiki!

[Oyster Blue]
●Chef 調理担当 馬澄 竜次 氏


夏にはスタミナ満点の茶美豚スペアリブがおすすめ!
調理担当 馬澄 竜次 氏


●Tool “グリル板”


厚さ約3cmの鉄板に溶岩石で熱を加えている。このグリル板が、黒毛和牛、イベリコ豚、厚切りベーコンなど、厳選の贅沢食材の旨みを引き出してくれるそう


グリル板


●赤身や脂身が少ない肉は肉汁を閉じ込めて


上質な黒毛和牛をシンプルなグリル料理で提供する同店。オーブンとグリル板を使って、見事な焼き加減に仕上げる。焼く過程では、肉の旨みが凝縮する肉汁を逃さないことも大切。特に、赤身や脂身が少ない肉は、強火で一気に焼いてしまうと、水分が飛んでしまい旨みも一緒に逃してしまう。まずオーブンで火を通してから、グリル板を使って、遠赤外線効果が高いと言われている溶岩石でじっくりと焼き上げ、旨みを閉じ込めていく。
 


●絶妙な焼き加減を生むのは焼き時間と寝かす時間


外はこんがり香ばしく、中はしっとりミディアムレアがおいしさの秘訣。肉の厚みによるが、約5cmの厚みなら表面5分、裏面5分、中火で焼き上げる。その後、器に移し10分寝かせる。焼いた時間と同じだけ寝かせるのがコツ。あとは余熱で火を通していくことで、火が通り過ぎずちょうど良い焼き加減に仕上げることができるそう。部位によって調整が必要で、例えばサーロインはやや脂身が多いので、寝かす時間を長めにとるとのこと。
 


[Limited Grill Menu]
鹿児島県産“茶美豚” スペアリブのロースト ¥1,620 税込 ※提供期間2016.7.8(金)〜8.14(日)鹿児島県産“茶美豚” スペアリブのロースト

このライブラリーをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。