Umekiki

Mekiki Library 日常で使える食材の選び方・作り方・食べ方の知恵

唐渡シェフのかぶら×ミキサー

[fr:フレンチ]唐渡シェフのかぶら×ミキサー

Mekiki Point

かぶらを全てミキサーにかけ、最小限の手間で素材そのものの味を楽しむ

●作り方のmekiki point
この秋、ぜひ味わってほしい、旬のかぶら。野菜の美食を追求したミシュラン星付きシェフ・唐渡氏のレストランでも、かぶらのブルーテは、カニや白子と組みあわせて贅沢なスペシャリテとして提供される。葉の色が緑で変色していない状態であること、また皮に美しいほどのつやとはり、そしてずっしりとした重みがあることが採れたての証拠だという。唐渡氏おすすめのおいしいかぶら料理は、ミキサーを使い最小限の手間でかぶらを余すことなく使い尽くし、素材そのものの味を味を楽しめるブルーテとロティ。旨み、甘みを最大限に引き出した調理法をご紹介。

●3STEPレシピ
STEP1 2つのかぶらを2cm角に切り、色づかないよう鍋で炒め少量ブイヨンを。その後ミキサーでピューレに。
STEP2 かぶらの葉もやわらかくなるまで茹でミキサーでピューレに。1に加える。
STEP3 かぶら1つをアルミホイルで包み180度のオーブンで20分。くし形にカットして、1のスープに添える。

●現代風野菜フレンチ リュミエール大阪KARATO  唐渡泰 氏
数々の名店、ホテルで修業後2006年大阪・心斎橋に「フレンチレストラン リュミエール」を開業。1年目に「ザガットサーベイ」でトップランキングを獲得。シェフとして第一線で“野菜の美食”をテーマに自身の料理を追求しながら、レストラン経営、飲食事業のプロデュースを行う。
今春、東京・丸の内に「アルカナ東京KARATO」、大阪・梅田に「リュミエール大阪KARATO」を新規出店し、現在レストラン4店舗、ティーサロン2店舗、伊豆にオーベルジュを展開。「ミシュランガイド」では4年連続星を獲得。グランフロント大阪 南館 8階になる唐渡シェフの最新レストランでは、低糖質にこだわる新しい野菜に出逢える。

▶ グランフロント大阪 南館 8階 現代風野菜フレンチ リュミエール大阪KARATO


 

このライブラリーをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。