Umekiki

Mekiki Library 日常で使える食材の選び方・作り方・食べ方の知恵

赤嶺シェフのカリフラワー×鍋

[it:イタリアン]赤嶺シェフのカリフラワー×鍋

Mekiki Point

湯上がりカリフラワーが甘くて真っ白美肌な秘密は、たっぷりお塩とお酢少々

カリフラワーのトンナートソースがけ


labistecca


●作り方のmekiki point
冬が旬のカリフラワーはビタミンCが豊富で、熱を加えても壊れにくい。何よりもメレンゲのような白さが魅力的。しかし、カリフラワーは茹でることで美しい白色が変色してしまう。そこで、赤峰氏はカリフラワーを茹でる直前、沸騰したお湯の中にあるものを入れる。それは、鍋ひと回し分のお酢。ちょっとしたひと手間でカリフラワーの白色を残せる。さらに、おいしく茹でるために必要なことは、たっぷりの塩と“2分”の間だという。余熱でちょうど良い食感になり、塩加減で甘さが引き立つらしい。旬の食材を生かす秘密は、普段からご家庭で使う調味料にあり。


●3 STEPレシピ
STEP1 ツナ、マヨネーズ、アンチョビ、レモン汁、こしょう少々を入れ、ミキサーで掛け、トンナートソースを作る。
STEP2 カリフラワーの茎とムダな葉を取り除き、鍋に丸ごと1株入るサイズに切ってたっぷりの塩で茹でる。
STEP3 塩茹でしたカリフラワーを一口大にカットし、お皿に盛る。トンナートソースをかけて、最後にミントを添えて完成。


●イタリア料理 シェフ 赤峰 壮介氏
素材の性質・状態を見極めることはもちろん、常に食文化や歴史を意識することで、イタリア料理の本質に迫る。


イタリア料理 LA BISTECCA by IL BOCCALONE (グランフロント大阪 南館8階)
イルボッカローネがプロデュースするイタリアトスカーナのビステッカのお店。名物メニューのTボーンステーキをはじめ、料理を引き立てるイタリア直輸入のワインなどを堪能できる。

このライブラリーをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。