Umekiki

Mekiki Library 日常で使える食材の選び方・作り方・食べ方の知恵

龍泉刃物

[to:道具]龍泉刃物

Mekiki Point

一流の料理人から“唯一無二のナイフ”をmekiki!

●世界を驚嘆させるナイフを続々発表。なかには4年待ちの人気商品も!
2013年フランス・リヨンで、ある“珍事件”が起きた。国際料理コンクールで出されたテーブルナイフに驚嘆した審査員たちが、こぞってこれを持ち帰ってしまったのである。そのナイフこそが、龍泉刃物だ。700年の歴史を誇る越前打刃物の中でも、高い技術を持ち、現代の生活にあった刃物づくりを手掛ける先駆者である。越前打刃物とは、その名の通り叩いて鍛えることで鋼の組織を細かくし、丈夫な刃を生み出す。これを本鍛造という。龍泉刃物では包丁1本につき1トン以上の力で500回以上も叩く。一丁一丁に異なる波紋文様が美しいのは、すべて熟練の職人の手作業で行われている証拠だ。また、全国のシェフとの共同開発品も多い。「使い心地を追求し、つくっては試してもらい、また練り直し、と何度も何度も試作します」と妥協しない姿勢を話してくれたのは、社長の増谷浩司さん。そんな熱い職人魂こそが龍泉刃物の真髄であり、一流の料理人から“唯一無二のナイフ”と愛される所以である。
手仕事
龍泉刃物

▲龍泉刃物は手仕事にこだわる。機械よりも確かな職人の経験と勘が、毎日握っても疲れない、最高の包丁を生み出している包丁づくり
▲包丁をつくる過程は初めてみたというシェフたち。興味津々増谷浩司さん
▲増谷浩司さんは3代目。越前打刃物の未来を誰よりも考え、海外へも積極的に商談に行かれるが、ご自身も職人で「本当はずっとこもって、つくっていたい」そう


〈福井県越前市池ノ上町 / 株式会社 龍泉刃物 / 増谷 浩司さん〉

このライブラリーをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。