Umekiki

Events

【応募は締め切りました】シェフの教室 -お肉とお米を学び味わう-

2019.10.29(火) 14:30〜16:30

このイベントは終了いたしました。ご来場頂きありがとうございました。

【応募は締め切りました】シェフの教室  -お肉とお米を学び味わう-

Mekiki Point

おむすびフェアに合わせて、お肉 とお米を学ぶシェフの教室を開催!

Event Report

●『シェフの教室-お肉とお米を学び味わう-』をレポート!


 


焼肉を食べているとついつい食べたくなるご飯。今回は『日本の“おこめ”を楽しむ 新感覚おむすびフェア』に合わせて、お肉とお米を学ぶシェフの教室を開催。会場はグランフロント大阪 南館 7階にある「鶴橋 焼肉 白雲台」。黒毛和牛(仙台牛、佐賀牛)をメインに、お手製のキムチや20分以上練りこんだプリプリの冷麺など、手作りにこだわった本格的な韓国宮廷料理が味わうことができる。
教室では、神戸のお米屋さん「いづよね」とのコラボによるお肉に合うお米の実食や、白雲台の店長 金城忠範さんに美味しい肉の焼き方を教えていただきながらの国産牛、海外牛、和牛の食べ比べが行われ、アットホームなスタッフのサポートのもと、参加者からも笑みがこぼれる和やかな場となった。


 




まずは、Umekiki事務局による『日本の“おこめ”を楽しむ 新感覚おむすびフェア』の紹介からスタート。日本人のソウルフードとも言うべき ‘‘おむすび"が、様々なジャンルのシェフたちの考案によって新感覚な創作おむすびとして登場するこのフェア。新米のおいしいこの季節に34日間にわたって開催されている。


 


創業130年、神戸のお米屋さん『いづよね』の紹介




引き続いてUmekiki事務局スタッフより、『いづよね』のご紹介。明治時代からつづく創業130年の歴史を持つ米穀店で、神戸市東灘区にて業務用や家庭用のお米販売を中心に店頭販売や配達を行う。全国各地60〜70種類ほどのお米を扱っており、今回はお肉に合うお米として3種類のお米を準備いただいた。まずはそれぞれのお米の説明やそれに合うお肉を聞きながら食べ比べ。番号が書かれた一口大のおむすびが準備された。




1. 宮城県『だて正夢』
宮城県の最新品種。ふっくらとしながらかなりの柔らかさをあわせもっており、今の流行の食感として人気。甘い特上ロースで巻いて食べると甘さが引き立ち格別な味わいに。
2. 鳥取県『きぬむすめ』
食味ランキングで特A認証を受けた人気急上昇中のお米。しっかり目な食感でのどこしがよく、なめらかさが高評価。タレをたっぷりとつけたハラミで丼にしたらやみつきに。
3. 山形県『雪若丸』
山形県の最新品種で、炊きたてのふっくら感と冷めたときのコシの強さが特徴。塩タンのぷりぷりとした弾力との相性が抜群。


普段何気なく食べているお米を、じっくり食べ比べることでそれぞれのお米がもつ食感や甘み、粒の大きさの違いが感じられ、なるほどなと感じたひと時。


 


いづよねの四代目店主・川崎恭雄さんは、自身の闘病経験から、お米の大切さを実感し、体に良いお米の楽しさを伝えるセミナー活動やお米屋さんの支援活動をおこなっている。今回は闘病からの奇跡的な復活の一助となった”玄米”のおいしい炊き方をまとめたレジュメも用意された。ちなみに玄米には白米の2倍のミネラルが含まれているそう。



また、この料理教室のお土産としてオリジナルのお米袋に入った兵庫県『コシヒカリ』が用意された。



 <Umekiki>料理教室満員御礼!とオリジナルプリントされたコシヒカリ


 


いざお肉の食べ比べ!国産牛、和牛、外国産牛を実食


 



それぞれのテーブルにお肉が配られ、いよいよお肉の食べ比べ。用意いただいたのは国産牛の上ロース、和牛の特ロース、外国産のチャックテール。全て同じ部位でありながら、脂のサシの入り方など、見た目にも違いがあることがわかる。白雲台の金城店長にオススメの焼き方をレクチャーいただき、実食が開始。ポイントは焼き過ぎないこと。表面の色が変わり焦げ目ができる前にさっとひっくり返す。テーブルを回り、焼き加減を丁寧に見てくれるホールスタッフ。店長も各テーブルをまわり、ひとりひとりに焼き加減やオススメの食べ方を教えてくれた。


味の違いがわかりやすいということで、外国産牛、国産牛、和牛の順番で実食。歯ごたえや甘味、口の中での溶け方の違いがはっきりとわかり、参加者からも「全然違う!」という驚きの声。一番食べ慣れており国産牛がやっぱり好きだという声も。



 


 


タレの揉み込み方でどのように味が変わるのか


 



つづいては、タレをしっかり揉み込んだ肉と揉み込んでない肉の食べ比べ。白雲台は昔からのこだわりとして甘みのある自家製のタレにしっかりと揉み込んだお肉を提供しているそう。ここでは黒毛和牛のハラミを使用。食べ比べると一目瞭然。タレを絡めただけのお肉は、タレの味が表面だけに対して、しっかりとも見込まれたお肉は噛めば噛むほどにタレと脂のうまみがあふれやわらかい。



ここで予定を変更して、店長のご厚意により、参加者も実際にタレで揉み込んでみることに。店長のレクチャーを受けいざ実践。タレをすくいながら指が肉に少し食い込むぐらいの力加減で10回揉みこむ。ここで揉み過ぎないように注意。揉みすぎるとドリップが出て味が変わってしまうそう。実際に自分たちで揉み込んだお肉半格別で、「うまくできた!」と喜びの声も。



最後は、脂身の多い下駄バラ肉を白雲台自家製のこだわりつけダレでお肉をいただく。胃もたれが心配な脂身の多い肉も酸味のあるあっさりとした自家製つけダレでいただくと、さっぱりとおいしく食べられる。おかわりのご飯や自家製キムチも用意いただきご飯がすすむ。キムチのあまりのおいしさに「どのようにつくっているのですか?」と質問の声も。白雲台では焼肉にあうよう、浅くつけた新鮮なキムチを提供。「キムチやナムルが焼肉屋を語りますよ。一番お店の味が出る部分なので、そこがおいしいお店はまちがいないです。」と金城店長。うんうんと同意する参加者も多く見られた。




 


意外と知らなかったお肉ランクの話


実食の後は金城店長より豆知識を教えていただいた。肉のランクは、個体の脂の多さでを示す“歩留投球”(A〜C)と、ある特定の部位の霜降り具合、色のツヤ、きめ細かさなどを示す”肉質等級”(1〜5)が総合的に判断され全15ランクに分かれるそう。なかでも白雲台が提供する仙台牛はA5もしくはB5ランクのみ仙台牛と名乗ることを許される非常に貴重な肉だそう。


 



↑白雲台社長・呉龍一さん


 


最後は白雲台社長・呉龍一さんが駆けつけてくださり、食の大切さや食育の取り組みについてのお話を伺った。呉さんは幼少期の経験や旅行で訪れた牧場主との話から、食の大切さ、食のこれからを考えていきたいという思いを持ったそう。そんな思いから社員教育として白雲台でも提供している米の農家さんに協力してもらい、田植え体験、収穫体験の活動を開始。今年の5月にはお客さんにも体験してほしいと一般参加の方も募集(当日のレポートはこちら)。今回の参加者の中には稲刈り体験に参加した人もおり、呉さんの思いが伝わる貴重なお話を聞く機会となった。


 



最後には、お家でも手軽においしくお肉が食べられるようにと、自家製つけダレともみダレ、現在試作中の麻辣キムチをお土産にいただいた。タレを応用した創作料理のアイデアも教えてもらい、帰ってからも楽しめる工夫と優しさが感じられた。
参加者を見送るスタッフの視線からもおもてなしの心が垣間見え、非常に満足感のあるイベントとなった。


 


 

※(10/13更新)好評につきご応募数が定員に達しましたため、募集を一旦締め切りさせていただきます。
 すでに申し込みの方につきましては順次メールにて参加確定のご案内をお送りいたしますのでしばらくおまちください。


 


 


●What is「シェフの教室  -お肉とお米を学び味わう-」?
焼肉を食べているとついつい食べたくなるご飯。
南館7階の鶴橋焼肉白雲台と神戸のお米屋いづよねがコラポし、お肉 とお米を学ぶシェフの教室を開催します。
国産牛、海外牛、和牛の食べ比べやお肉に合うお米の実食など、目利きポイ ントが盛りだくさん。


 


[開催日時]
2019.10.29(火) 14:30~16:30


[場所]
-焼き肉 鶴橋-  焼肉 白雲台
グランフロント大阪 南館7階


[参加費]
大人 ¥3,500(中学生以上)
小学生 ¥1,000
未就学児 無料


※実食・お土産付き
※税込金額/当日支払いになります


[募集定員]
25~30名 ※先着順
応募については下記をご確認ください


[持ち物]
筆記用具・エプロン


 


●焼肉 白雲台 について
肉は厳選された黒毛和牛を中心に、料理は全て手作りです。
特選和牛に関しては肉質等級5(A5 B5)限定の仙台牛や佐賀牛を使用しています。石焼ビビンバは30年近く前よりまだ誰も知らない頃からの看板メニューです。冷麺も20分以上練りこんだプリプリ麺です。是非ご賞味ください。
店舗の詳細についてはこちらから


 


●いづよね について
創業1889年。業務用や家庭用の米販売が主力。
全国各地60~70種類ほどの米を扱い、店頭販売のほか配達も行う。
神戸市東灘区御影塚町2-24
店舗のホームページはこちらから


 


●限定メニュー 日本の‘‘おこめ"を愉しむ新感覚おむすびフェア(10/2~11/4)
フェアの詳しい内容はこちらをご確認ください


 



※イベントのご参加にあたり、以下の注意事項をお読みいただき、同意の上ご応募ください。
■イベント参加の流れ・イベントフォームへ記入いただき、イベント参加の応募をしてください。

・Umekiki運営事務局より、メールにてイベント参加確定のご案内をいたします。
・イベント参加者の決定は先着順とし、募集人数が集まり次第応募を締め切らせていただきます。
※メールの受信拒否設定をされている方はドメイン「umekiki.jp」よりのメール受信許可設定をお願いします。


■キャンセル待ちについて
・定員以上の応募があった場合、キャンセル待ちとして応募を受け付けさせて頂くことがございます。
 その場合、メールにてキャンセル待ちのご案内をいたします。

■個人情報の取り扱いについて
・ご入力いただきましたお客さま情報については、本イベント実施のためのみに利用させていただきます。
・前項利用目的の範囲に限って、個人情報を外部に委託することがあります。
 この場合、個人情報の適正管理・機密保持について、委託先に適正な管理を実施させます。
・その他、個人情報の取扱いについてはプライバシーポリシー(
https://umekiki.jp/privacy/)をご確認ください。


 


 




 


 


 

Date 2019.10.29(火) 14:30〜16:30
Price 大人3,500円 小学生以上1,000円 小学生以下は無料
Place グランフロント大阪 南館7階 -焼き肉 鶴橋- 焼肉 白雲台

このイベントをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。