Umekiki

Mekiki Library 日常で使える食材の選び方・作り方・食べ方の知恵

八斗木白葱

[ve:野菜]八斗木白葱

Mekiki Point

持ちが良く、甘みが強い八斗木白葱をmekiki!

11月から2月にかけて旬を迎える、ねぎ。なかでも雲仙市の八斗木(はっとぎ)地区を中心に長年栽培されてきた八斗木白葱は、「柔らかくて甘い」と県内外で評判だ。青々と茂るねぎ畑で、生産部会の前田利夫さん、山本正司さんにねぎ作りにかける思いを伺った。


●生産者の努力で、年中愉しめるねぎが誕生
冬は鍋、夏は薬味に、と年中欠かせないねぎ。しかし、夏場は収量が落ちてしまうことが、長年生産者たちの悩みの種だった。そこで立ち上がったのが、八斗木白葱生産部会。19の農家が協力して苗づくりを行うことで、今では通年出荷を実現している。


●火を入れると、トロリと濃厚な甘さに
八斗木白葱は、持ちが良く、甘みが強いのが特徴。加熱すると甘みが強まるため「焼いて塩や醤油でシンプルに愉しむのがおすすめ」と前田さん。緑と白の境目がはっきりしており、ハリがあって葉の緑色が鮮やかなものがおいしいのだそう。



みずみずしい八斗木ねぎに興味津々な料理人たちに、「とりあえず見てみなよ」と八斗木白葱を切って見せてくれた。
▲みずみずしい八斗木ねぎに興味津々な料理人たちに、「とりあえず見てみなよ」と八斗木白葱を切って見せてくれた。


白原料理長
▲白原料理長:抜きたてのねぎを齧ってみたら、みずみずしくて甘かったです!

このライブラリーをShare

Favorite Umekikiのおいしい情報をお気に入りに追加することで
いつでもどこでもスマートに取り出せる自分だけのめききブックに!

Facebook、TwitterでログインするとFavorite機能がご利用いただけます。

※お客様の情報をFavorite機能以外で使用することはございません。